山旅図鑑…し
陣馬山(2024.1.9)
フォトエッセイ・山咲 野の香

■山旅図鑑・目次 へ   ■コースタイム写真・目次

★糸の会 no.1290
2024.1.9(火)
陣馬山


陣馬山
【撮影】11時05分=山咲 野の香=3157
*眼下には黄金色の実りあり 山並み幾重里を守らん
*丹沢の高き嶺から見てほしい 栃谷の柚子と無人の梯子

陣馬山
【撮影】11時19分=山咲 野の香=3161
*庭先に神祭りたる山里を ぬけて細道陣馬へ続く
*里山の民家守りし赤社 痩せたきつねが四ひきもいる
*正月の神の差配の残酷さ きつねの使いよわけを教えて

陣馬山
【撮影】11時24分=山咲 野の香=3169
山里を行く楽しみはこれなのよ 臭き銀杏ごっつぁんです

陣馬山
【撮影】11時26分=山咲 野の香=3174
*振り向けば頂きだけの富士なれど 真珠の輝き歓声あげる
*ユートピア扉にボタンあるならば 富士の高嶺の白き頂点
*遥かなる真白きボタン押したれば 「何もなきこと」幸い溢る

陣馬山
【撮影】11時29分=山咲 野の香=3175
「山路来て何やらゆかしすみれ草」 独占スクープ暖冬の変

陣馬山
【撮影】11時33分=山咲 野の香=3176
三つ嶺が三つ嶺であり丹沢は 光さしたる額縁の中

陣馬山
【撮影】11時45分=山咲 野の香=3177
胸中は山の陽気に満たされつ 能登に青空日の光あれ

陣馬山
【撮影】11時46分=山咲 野の香=3178
枝の御簾上げて訪へわが君よ 平安女人を粧うか富士

陣馬山
【撮影】12時59分=山咲 野の香=3180
前方より聞こえし鼻歌「天城越え」 くらくらの恋話してみようか

陣馬山
【撮影】12時39分=山咲 野の香=3181
泥頭体長5センチ透明柱 頑張り続け水晶となれ

陣馬山
【撮影】12時43分=山咲 野の香=3183
白き富士仰ぐ枯れ枝待っている 引き立て役の雪化粧いつ

陣馬山
【撮影】12時45分=山咲 野の香=3185
太子乗せ富士の登拝甲斐黒馬 陣馬白馬は終生遥拝

陣馬山
【撮影】12時45分=山咲 野の香=3187
コンクリの白馬ペガサス夢みるか 陣馬山頂夜毎いななけ

陣馬山
【撮影】13時18分=山咲 野の香=3197
朽葉より出づる花びら輝くも 熱き吐息で霧消の定め

陣馬山
【撮影】14時21分=山咲 野の香=
3210 伝説の姫に手向けし石の山 誰400年後に痕跡残す?

陣馬山
【撮影】15時25分=山咲 野の香=3213
雪もなく終盤なりとも日は高し 外れた思惑輝く湖面

陣馬山
【撮影】16時06分=山咲 野の香=3225
小道具の煙もあがる御控所 大衆演劇まんまの舞台

陣馬山
【撮影】16時08分=山咲 野の香=3227
まき道と急階段の岐路に立つ 何を思うてこちらを選ぶ



★ページ 先頭に戻ります
Copyright 2023 Koji Ito & ito-no-kai All rights reserved.