山旅図鑑…糸の会&伊藤幸司

前穂高岳からの槍ヶ岳
▲前穂高岳からの槍ヶ岳=2005.8.28

糸の会&伊藤幸司
ホームページ「山旅図鑑」


トップページへ(更新日・メールアドレス)
1=山旅図鑑(発見写真旅)へ
2=山旅写真(タイムライン)へ
3=山旅講座(がんばらない山歩き)へ

★ここは 4=計画と参加(半年ごとの計画)
5=掲示板(メールを中心に)へ
6=未整理(糸の会創設からのいろいろ)へ



★とりあえず、2020年度上半期の、すべての計画を中止にさせていただきます。
★参加スケジュールに対して○△をお送りいただいた皆様には、これから手探りで順次発表していく企画に対して、それぞれ新たに参加をご検討下さい。

*1184…4.4/5…4A…(土日)桜・京都弾丸ツアー 東海道新幹線 *1185…4.11…4b…(土)筑波山・裏つくば(つくばさん876m)つくばエクスプレス
*1185…4.11…4b…(土)筑波山・裏つくば(つくばさん876m)つくばエクスプレス
*1186…4.21/22…4c…(火水)雲取山(くもとりやま2,017m)JR青梅線
*1187…4.28…4d…(火)高川山(たかがわやま976m)JR中央本線
*1188…5.2/3…5A…(土日)御岩神社と横根山(よこねやま389m)JR常磐線
*1189…5.9…5b…(土)丹沢・表尾根(たんざわ・おもておねm)小田急線
*1190…5.19/20…5c…(火水)丹沢山・三峰尾根(たんざわ・みつみねおね1,567m)小田急線
*1191…5.26…5d…(火)子持山(こもちやま1,296m)JR上越線
*1192…6.6/7…6A…(土日)奥日光・黒檜岳(くろびだけ1,976m)東武日光線
*1193…6.13…6b…(土)三ッ峠山(みつとうげやま1,785m)富士急行
*1194…6.16/17…6c…(火水)尾瀬・尾瀬沼〜尾瀬ヶ原(おぜぬま1,660m)
*1195…6.23…6d…(火)浅間尾根(せんげんおね903m)JR五日市線
*1196…7.4/5…7A…(土日)富士山GIM(ふじさん3,776m)富士急行線
*1197…7.11…7b…(土)棒ノ嶺(ぼうのみね969m)西武池袋線
*1198…7.21/22…7c…(火水)富士山GIM(ふじさん3,776m)富士急行線
*1199…7.28…7d…(火)皆野アルプス(みなのあるぷすm)秩父鉄道
*1200…8.1/2…8A…(土日)富士山GIM(ふじさん3,776m)富士急行線
*1201…8.8…8b…(土)黒岳(くろだけ1,793m)富士急行線
*1202…8.18/19…8c…(火水)富士山GIM(ふじさん3,776m)富士急行線
*1203…8.25…8d…(火)瑞牆山(みずがきやま2,230m)JR中央本線
*1204…9.4/5/6…9As…(金土日)槍ヶ岳(やりがたけ3,180m)JR中央本線
*1205…9.12…9b…(土)矢倉岳(やぐらだけ870m)小田急線
*1206…9.15/6…9c…(火水)金峰山(きんぷさん2,599m)JR小海線
*1207…9.22…9d…(火)北高尾山稜・堂所山(733m)



★6月の予定
*すでに■2020.4.20——【コーチ】から「コロナの日々に・3──5月以降の対応」で書きましたが、それに対して新しい2つの目安が得られました。
*ひとつは「緊急事態宣言」の5月末までの延長(途中解除もありうる)です。
*私は登山講座の責任者としては社会的規制に反しないということが、危機管理上、重要だと考えています。
*それからもうひとつは「アビガンの5月中の承認の可能性」です。私たち高齢者は世の中の基準がどうなるにせよ、潜伏するコロナウイルスとの1対1の対決が終わるわけではありません。しかもこのウイルスは感染力が強いようです。ですから若い人たちのように抗体をもって生活を平常化するという方法をとることができません。したがって、ステイホームをワクチンが入手できるまで続けなければならないことを運命づけられているといわざるを得ません。
*しかし、免疫学的にいえば「受け身」が最善と言い切ることもできません。私自身の体験では「月イチ」の山歩きが、こういうときの、個人個人のパワーアップに驚くべき効果を発揮すると信じています。だから世の中の冷たい目があったとしても社会規範に触れない限りは行動すべきだと考えます(登山者と遭難の危険との関係に似ています)。
*ですから往復の交通機関で手すり・つり革やボタン・レバー、コイン・紙幣などでウイルスをちょこっと拾っただけで、感染する可能性が(確実に)あるんですね。つまり「敵地を歩いている」ことにかわりはないわけです。自衛隊のように防御が完全なら100%安全とはいえ、マスクの外し方さえ知らない人間にはとても無理、敵はステンレスやプラスチックの表面では2〜3日の生存力があるともいわれます。
*そうなると100%の安全を求めると外に出られる状態ではありません。そこで私が「神の救い」(ずるいエクスキュース)と考えているのが軽症段階でのアビガンの投与(と重症化したときのレムデシビル)です。効く、効かないなど、もちろん100%の効果を期待しているわけではありませんが「かかったらアウト」という世界からは脱出できるわけです。私はもう何十年もインフルエンザにかからない生活をしていますから、ワクチンなしでも大きなマイナスだとは考えません。10%か20%の弱点をアビガンが救ってくれる可能性があるなら、そのために山歩きの効用を失うのはイヤダ! と思うだけです。
*すでに「コロナの日々に・2」で触れたことですが、6月にはそれを手探りですすめてみます。
『その場合の候補はJR高尾駅周辺、東武東上線・小川町駅周辺、西武秩父線・飯能駅〜西武秩父駅周辺、東武日光駅周辺、JR高崎駅周辺が(運行状況にもよりますが)考えやすいかと思います。それをもちろん平日に、少人数で実施できそうなら、考えてみたいと思います。』
*やはり「少人数」が重要だと思いますので、目安を「参加7人以下」(タクシー2台)としてやってみたいと思います。
*伊藤の都合もあるので「月曜」「火曜」「水曜」を週替りで設定して往復の交通路を探りながら計画を立てていきたいと思います。すでにみなさんご存知の山ばかりですから計画はゆっくり出かけて、早めに帰る、風呂と食事もナシを覚悟で、というつもりです。
*6月の第1週は今回、様子見のために計画を外しておきました。が、たぶん5月14日になると、いろいろな見通しが立てられるようになると期待しています。7月以降の計画はそのあたりから考え始めてみたいと思います。



*1208…6.8…(月)高川山(たかがわやま 976m)JR大月駅

千葉方面からの方のために千葉始発のあずさ3号が往路、あずさ30号が復路の予定ですが、混雑具合によっては往路を通勤時間帯から後ろにずらします。そのへん6月第1週の様子を見て、柔軟に考えましょう。

○印——江面まさこ、岡田きょうこ、佐藤ときこ、矢野ひろこ、
△印——
×印——

★計画書=未



*1209…6.16…(火)岩山(いわやま 328m)東武日光線・新鹿沼駅

東武特急は、おそらくすいていると思います。浅草集合ですが、北千住、春日部からの乗車も可能です。

○印——佐藤ときこ、
△印——岡田きょうこ、
×印——

★計画書=未



*1209…6.24…(水)仙元山(せんげんやま 299m)東武東上線・小川町駅

東武東上線の往路の急行はすいている、ということがこれまでの経験でわかっています。JR武蔵野線の北朝霞駅から東上線への乗り換えが可能です。

○印——佐藤ときこ、矢野ひろこ、
△印——
×印——

★計画書=未



*1210…6.29…(月)子持山(こもちやま 1,296m)上越新幹線・高崎駅

もちろん、新幹線はがら空きの「たにがわ」です。高崎駅からJR上越線で渋川駅、タクシーで登山口へ。

○印——
△印——岡田きょうこ、佐藤ときこ、
×印——

★計画書=未



★トップページに戻ります
Copyright 2020 Koji Ito & ito-no-kai All rights reserved.