前穂高岳からの槍ヶ岳
▲前穂高岳からの槍ヶ岳=2005.8.28

糸の会 & 伊藤幸司……ホームページ「山旅図鑑」


★ここは糸の会【計画と参加】

トップページ へ(更新日・メールアドレス)

山旅図鑑(発見写真旅)

山旅=写真アルバム(時系列速報)

糸の会【掲示板】

山旅=がんばらない山歩き

未整理



*地平線会議報告会(11.29・金曜日・1830〜2100・新宿スポーツセンター2F) *参加予定の方……秋田まもる、稲葉かずへい、小林はるこ、矢野ひろこ、



*1167…11c…11.19/20(火水)紅葉=奥久慈男体山(なんたいさん654m)JR水郡線

★11月6日現在ホテルを大子の「ホテル奥久慈館」に決めました。今年の4月に泊まった宿で、伊東園ホテルズゆえコミコミで8,730円というツインの部屋を4室押さえました。喫煙エリアなら和室などもあるのですが、禁煙エリアは空きがわずかになっています。人気の宿ですが、バイキングの夕食などは値段相応という感じ……と思ってください。
★水郡線は西金〜大子は代替バスになりますが、とにかくホテルまでは行けますし、袋田の滝は紅葉シーズンなのでホテルは混んでいるという感じです。
★1日目の計画はまだこれからですが、ともかく宿を決めました。禁煙エリアの空き部屋はごくわずかということですから、新規ご参加の方は早急にお知らせください。すぐに部屋を確保してお知らせします。……なおこのホテルは1週間前(11月12日)からキャンセル料が発生します。

2016年11月15‐16日に竜神大吊橋から明山を経て大子町へ(そのときいろいろありました)、翌日男体山から袋田の滝へのいつもの稜線を歩きました。同じ計画です。<体験参加可>
*1日めのこの件に関してはまだ未確定です。

○印——秋田まもる、市村やいこ、江面まさこ、加藤のりこ、小林あやこ、矢野ひろこ、若井やすひこ、
△印——野老やすこ、三浦ようこ、
×印——黒川きよひろ、曽根いちろう、
<体験参加>——

◆糸の会山行[1167]────11c

◆奥久慈・男体山
なんたいさん────654m
◎1日目
*水戸偕楽園と常陸大子での腹ごなし散歩を状況に合わせて
◎2日目
*登り10p→稜線38p────48パワー
日の出0618、日の入り1628────11.19茨城県で

◆JR水郡線・常陸大子(ひたちだいご)駅から────2019.11.19-20(火水)実施

◆集合
11.19(火)07:50────上御駅_17番線ホーム_全席指定です
*できれば後方「2号車」に集結ということで

◆ポイント
*竜神大吊橋から明山(みょうやま)を経て大子町へと抜けようという計画でしたが、先の台風でルートが途中で崩壊、まだ危険が残っていて、通行禁止となっているそうです。
*また鉄橋の崩落などで不通になっているJR水郡線は11月1日に西金〜上小川〜袋田〜常陸大子の部分を残して開通し、不通部分は代行バスが運行されているとのことです。ただしバスは台数が決まっていて、乗客の全員を運べるかどうかは不明とのこと。いざとなればタクシーを呼ぶことも可能ですが、早めの列車で行って、大子駅周辺に腹ごなしルートを用意します。
*翌日は過去の計画と同様、タクシーで男体山の大円地(おおえんじ)登山口まで行き、袋田の滝まで歩きます。

◆往路
0800上野始発(特急ひたち3号_全席指定_いわき行き)────0918水戸
(0800上野→0827柏→0918水戸)
*ちなみに普通列車は0703上野→0900水戸
*常陸大子は「東京近郊区間(Suica首都圏エリア)の最北端駅だそうですから、通し切符を3割引で購入される場合は先の駅まで購入する必要があるかと思います。水戸で途中下車できるかどうかは、購入時にご確認ください。

◆現地行動
◎1日目
*水戸で紅葉の偕楽園散策、昼食
1315水戸始発(JR水郡線_郡山行き)────(1416西金)1431常陸大子
*次便1515水戸→1632常陸大子、1615水戸→1736常陸大子、……
*西金〜常陸大子は代行バス
◎2日目
0700ごろ_朝食
0800ごろ_ホテル出発────タクシーで大円地(おおえんじ)へ(1台約4,000円)
0900ごろ_大円地登山口(トイレあり)を出発────登り10ポイントを1時間半として
1030ごろ_男体山────稜線38ポイントを5時間として
1530ごろ_袋田ノ滝
*できればホテル万年豊作で入浴
*タクシーで袋田駅/常陸大子駅へ

◆帰路参考
*JR水郡線(常陸大子→水戸)
1642→1802、1748→1905、1905→2042、2025→2143。
●常磐線特急(水戸→柏→上野)
1727→1837→1844、1753→1907、1827→1937→1944、1853→2006、1927→2036→2043、1953→2106、2027→2137→2144、2053→2205、2127→2237→2243、2153→2306

◆費用の目安
◎1日目
JR_上野→水戸────2,310円
*上野→常陸大子_3,410円
特急券_上野→水戸────1,580円
JR水郡線_水戸→常陸大子────1,170円
宿泊_ホテル奥久慈館(1泊2食付き)────8,730円(税・入湯税込。たぶん飲み放題)
◎2日目
taxi_袋田駅→大円地────1台約4,000円
taxi_袋田ノ滝→常陸大子駅────1台約2,000円?
JR水郡線_常陸大子→水戸────1,170円
JR_水戸→上野────2,310円
特急指定席_水戸→上野────1,580円

◆電話
*宿泊…ホテル奥久慈館…0295−72−0650
*タクシー(常陸大子駅)
茨城交通…0295-72-2835…旧袋田タクシー_0120-560867_7台
*入浴
豊年満作…0295−72−3011_1000−1600_1,000円
袋田温泉・関所の湯…0295-79-1126…0930-2000_700円_食事あり_最終木曜定休

◆持ち物
◆秋季日帰り標準セット
★防寒衣類が必要です。
★軽アイゼン、ポケットライトも必携です
*足まわり……運動靴(軽登山靴)など+ダブルストック+軽アイゼン
*行動着……ドライタイプの登山用Tシャツ+長ズボン+長袖シャツ
*保温衣類……手袋(アンダーとアウター)+耳覆いのある帽子+フリースウエア+貼るカイロ
*雨具……折りたたみ傘+ゴアテックスレインスーツ
*小物……地図+健康保険証+時計+ポケットライト


*1168…11d…11.26(火)紅葉=大福山(だいふくざん292m)小湊鉄道

2017年11月28日に「チバニアン」見学からはじまって、空腹を抱えて夜道を延々と歩いたあの大福山です。要所だけをスマートにやりたいと思っています。<体験参加可>

○印——江面まさこ、加藤のりこ、佐藤ときこ、永田さちこ、行木さちこ、三浦ようこ、
△印——野老やすこ、中村やすこ、
×印——櫻田えいじ、
<体験参加>——

★計画書=未


*1169…12a…12.5(木)笹尾根3=陣馬山(ささおね855m)JR中央本線

今年度の三部作「7b三頭山」「8d笹尾根」に続いて、生藤山から陣馬山をめざします。ひょっとするとシモバシラはあるかも。高尾山では例年12月中旬から、とされているようです……が、大寒波が一発来れば……。陣馬山の最後の上りのところでは何回か見ていますから、出る可能性はあるんです。シモバシラはシモバシラのほか、カシワバハグマ、カメバヒキオトシ、テンニンソウ、アズマヤマアザミなどにも出るといいます。<体験参加可>

○印——加藤のりこ、佐藤ときこ、曽根いちろう、永田さちこ、藤原ゆかり、矢野ひろこ、
△印——櫻田えいじ、高世いずみ、野老やすこ、行木さちこ、若松けいこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1170…12b…12.14(土)日の出山(ひのでやま902m)JR青梅線

最近はほとんど立ち寄っていない日の出山ですが、今回はケーブルカーに乗らずに表参道の杉並木を登って御岳神社へ、そこから日の出山を越えてダイレクトにつるつる温泉、ですかね。<体験参加可>

○印——今村かずよ、江面まさこ、佐藤ときこ、永田さちこ、
△印——黒川きよひろ、小林あやこ、櫻田えいじ、曽根いちろう、高世いずみ、中村やすこ、行木さちこ、
×印——
<体験参加>——田嶋ゆき、

★計画書=未


*1171…12c…12.17/18(火水)高峰高原(たかみねこうげん)直通高速バス

最近は高峰高原ホテルのほうがいいかも、なんて思っていますが、久しぶりに高峰温泉のつもりです。これまで経験のない方にはぜひ体験しておいていただきたい。家族や友人に標高2.000mの真冬の温泉宿として紹介できるという意味では、同じ標高2,000mの美ヶ原・王ヶ頭ホテルと双璧だろうと思います。行動は借りたスノーシューでちょっと散歩? という感じで。<体験参加可>

○印——黒川きよひろ、
△印——秋田まもる、野老やすこ、永田さちこ、三浦ようこ、若井やすひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1172…12d…12.24(火)扇山(おうぎやま1,138m)JR中央本線

クリスマスイブですね。サンタさんがいれば、この日は西の空に雲がないので、早めにとっとと下って、恒例の高尾山です。たくさんの人たちといっしょにダイヤモンド富士を楽しみましょう。シモバシラに関してはこの数年高尾山では不作という感じ、以前、同様に扇山から高尾山に急遽転戦したときに、扇山の下りでみごとなシモバシラの群生を見て感激したことがありました。ダイヤモンド富士がだめでもシモバシラの可能性は大きいと考えていいかも。<体験参加可>

○印——曽根いちろう、三浦ようこ、
△印——市村やいこ、野老やすこ、永田さちこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1173…1b…1.11(土)太平山(おおひらさん341m)JR両毛線

太平山はアジサイの名所で、桜や紅葉もいいそうですが、季節外れ、おまけに関東平野を縁取る低山のひとつにすぎません。展望がいいといっても所詮東京タワー程度のこと。「1a」は今年はナシにしましたが、正月明けのこの計画も軽い丘稜歩きとお考えください。ただ、蔵の街栃木の中心街にある「金魚湯」がいつまで残っているか気が気でないので「ここにしたい」という大きな動機になっています。古い町並みの散策も含めた1日です。<体験参加可>

○印——加藤のりこ、酒井みちこ、佐藤ときこ、曽根いちろう、永田さちこ、
△印——秋田まもる、今村かずよ、黒川きよひろ、櫻田えいじ、野老やすこ、行木さちこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1174…1c…1.21/22(火水)金峰山(きんぷさん2,599m)JR小海線

この計画では金峰山はおまけで、そのすぐ下にある金峰山小屋(きんぽうさんごや)に泊まるのが主眼です。でも最近「評判が凄い!」んだそうで、定員55人の予約制とか。確約できませんが、たぶん時期的に大丈夫だろうと思います。参加予定の方は早めに意思表示していただければ、枠取りをしておきます。<体験参加可>

○印——黒川きよひろ、野老やすこ、
△印——曽根いちろう、三浦ようこ、若井やすひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1175…1d…1.28(火)杓子山(しゃくしやま1,598m)富士急行線

真っ白な富士山を見に行きます。それ以上でも以下でもないので、なにか考えないといけないかな、とは思っています。富士急ハイランドというわけにはいかないけれど。
<体験参加可>

○印——曽根いちろう、三浦ようこ、
△印——小林あやこ、酒井みちこ、野老やすこ、永田さちこ、行木さちこ、若井やすひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1176…2a…2.06(木)高宕山(たかごやま330m)JR内房線

初めての山ですが、なかなか、いろいろあって「房総の隠れた名山」だそうですから、またなにか新しい気分を味わわせてもらえるような気がします。先住者として野生のサルがいるそうです。<体験参加可>

○印——加藤のりこ、酒井みちこ、櫻田えいじ、佐藤ときこ、曽根いちろう、永田さちこ、行木さちこ、
△印——野老やすこ、若松けいこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1177…2b…2.8(土)熱海梅林=十国峠(じゅっこくとうげ771m)JR東海道本線

今年は梅林がらみの計画をまとめてみました。その第一段は熱海梅林です。十国峠に登ったらバスで下って梅林です。<体験参加可>

○印——曽根いちろう、
△印——市村やいこ、今村かずよ、黒川きよひろ、佐藤ときこ、永田さちこ、若井やすひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1178…2c…2.18/19(火水)北八ヶ岳スノーハイク(きたやつがたけ)JR中央本線

この時期の小屋泊まりでは麦草ヒュッテ泊まりでテレマークスキーをずいぶんやりました。宿泊環境としては高見石ヒュッテが一番だと思いますが、シラビソ小屋も多かったかもしれません。今回は黒百合ヒュッテにしましょう。久しぶりです。そして雪の稜線をピラタス蓼科スノーリゾートまで歩いて、スキー場内の徒歩ルート(前回途中で消えた感じもしましたけれど)歩いて下ります。冬に慣れていない、服装・装備も十分でない人でも準備大丈夫です。<体験参加可>

○印——岡田きょうこ、加藤のりこ、黒川きよひろ、酒井みちこ、高世いずみ、
△印——今村かずよ、小林あやこ、野老やすこ、永田さちこ、三浦ようこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1179…2d…2.25(火)曽我梅林=曽我丘稜(そがきゅうりょう)JR御殿場線

小田原の曽我梅林のために、曽我丘陵を歩きます。海があって、富士山があって、梅とみかんがあって、のんびり……という感じじゃないかと思います。ひだまりハイクだと最高みたいですけれど。<体験参加可>

○印——市村やいこ、佐藤ときこ、曽根いちろう、三浦ようこ、
△印——野老やすこ、永田さちこ、行木さちこ、若井やすひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1180…3a…3.5(木)越生梅林=越上山(おがみやま567m)西武秩父線

奥武蔵ではちょっと有名な顔振峠から越生梅林へと下っていきます。むかし、梅林のところにできた蕎麦屋が、噛みごたえのある蕎麦を出していたのを思い出します。筑波山の「ゐだ」ほどの主義主張ではなかったと思いますけれど。<体験参加可>

○印——曽根いちろう、永田さちこ、
△印——小林あやこ、櫻田えいじ、佐藤ときこ、野老やすこ、若松けいこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1181…3b…3.14(土)高尾梅郷=高尾山(たかおさん599m)JR中央線

裏高尾にも梅林があるんだそうです。その先がどうなっていくのかまだわかりませんが、早春の土曜日、ぶらぶらと行きましょう。<体験参加可>

○印——加藤のりこ、佐藤ときこ、永田さちこ、
△印——市村やいこ、今村かずよ、曽根いちろう、野老やすこ、若井やすひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1182…3c…3.17/18(火水)大菩薩嶺(だいぼさつれい2,057m)JR中央本線

まだ確実ではありませんが、嵯峨塩館に泊まれれば、と考えています。第2案としては「ぶどうの丘宿泊施設」、第3案として介山荘と、ぼんやり考えているところです。
<体験参加可>

○印——岡田きょうこ、黒川きよひろ、野老やすこ、
△印——秋田まもる、今村かずよ、小林あやこ(嵯峨塩館なら○)、永田さちこ、三浦ようこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1183…3d…3.24(火)石垣山(いしがきやま262m)箱根登山鉄道

豊臣秀吉の小田原攻めの要となった「一夜城」をシンボルとして、観光・学習・グルメを加えた春の1日……を考えています。お花見ツアーになっちゃうかも。<体験参加可>

○印——市村やいこ、佐藤ときこ、曽根いちろう、行木さちこ、三浦ようこ、
△印——酒井みちこ、櫻田えいじ、野老やすこ、永田さちこ、若井やすひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


★トップページに戻ります
Copyright 2017 Koji Ito & ito-no-kai All rights reserved.