前穂高岳からの槍ヶ岳
▲前穂高岳からの槍ヶ岳=2005.8.28

山旅図鑑

糸の会&伊藤幸司……ホームページ



トップページ へ(更新日・メールアドレス)

山旅図鑑(発見写真旅)

山旅=写真アルバム(速報)

★ここは計画と参加

山旅=メール欄

山旅=がんばらない山歩き

山旅=未整理





*1140…4d=4.23(火)石裂山(おざくさん879m)東武日光線

「おざくさん」です。修験の山ですが、適当に荒れていて陰鬱な印象です。最近はどうだろうと調べてみたら、登山道は維持されているようです。東武鉄道の新鹿沼駅からタクシーで往復です。

*ジャンボタクシーを予約しましたので参加可能人数は8名までとさせていただきます。

○印——市村やいこ、岡田きょうこ、加藤のりこ、小林はるこ、櫻田えいじ、野老やすこ、山本よしひこ、
△印——稲葉かずへい、永田さちこ、中村やすこ、
×印——

★計画書は4/16(火)投函です。

◆糸の会山行[1140]——4d

◆石裂山
おざくさん────879m
登り14p→下り17p────31ポイント
日の出0457、日の入1821────4.23栃木県で

◆JR日光線・鹿沼駅から────2019.4.23(火)実施

◆集合
*4.23(火)────該当列車前方2両目に結集

◆ポイント
*前日光と呼ばれる地域は江戸時代、日光を江戸の守りとする宗教的勢力の一大センターであったようです。この山も小さいのに山深い雰囲気を漂わせていますが、登山道に設置されたハシゴなどをはずした状態では、かなり難易度の高い登山ルートであったことが想像されます。いかにも修験の山という厳しさを味わえれば、と思います。
*これまでは東武日光線の特急を利用してきましたが特急料金も含めるとJRはほぼ同じ運賃。時間的にはあまり変わりません。

◆往路
0750東京発(JR上野東京ライン・快速ラビット・宇都宮行き)────0927宇都宮
(0921国府津始発→0719横浜→0750東京→0807赤羽→0823大宮→0927宇都宮)
0930宇都宮始発(JR日光線・日光行き)────0944鹿沼
*タクシーで登山口の加蘇山神社社務所へ(1台約5,000円)

◆現地行動
1100ごろ_登山口を出発────登り14ポイントを2時間+1時間として
1400ごろ_石裂山────下り17ポイントを2時間として
1600ごろ_石裂集落
*バス1700上久我馬返→1745JR鹿沼駅(上久我・石裂線リーバス。300円。平和タクシー。石裂山登山口→上久我馬返しは徒歩約30分)ちなみにその前は1455石裂山発。
*入浴・食事は「鹿沼温泉・華ゆらり」しかないようです

◆帰路参考
*JR鹿沼→宇都宮(乗換)→上野(上野行きが多いので)
1822→1837/1741→2010、1840→1854/1912→2104、1902→1917/1942→2113、1921→1936/1942→2113、2001→2015/2036→2208、2041→2055/2116→2300
*東北新幹線(宇都宮→東京)
1859→1948、1921→2020、1948→2044、1959→2048、2022→2112、2047→2140、2110→2200、2134→2224、2153→2248、……

◆費用の目安
JR_東京→鹿沼────2,270円
taxi_JR鹿沼駅→石裂山登山口(加蘇山神社)────1台約5,500円
bus_上久我馬返→JR鹿沼駅────300円
taxi_JR鹿沼駅→ウェルサンピア栃木────1台約2,500円
taxi_ウェルサンピア栃木→JR鹿沼駅────1台約2,500円
JR_鹿沼→東京────2,270円

◆電話
◎タクシー(鹿沼駅)
平和タクシー_0289-77-5808
◎入浴(鹿沼)
鹿沼温泉・華ゆらり…0289-65-1131…1000-2200_550円_無休_旧厚生年金の宿・ニューサンピア栃木_レストラン1130-1400/1700-2030)
◎食事(新鹿沼駅)
みっちゃんそば……0289-62-1195……月曜定休_新鹿沼駅前_地粉手打ち十割そば

◆持ち物
★食べ物・飲み物——飲料+昼食+予備食。
春季標準セット
*足まわり……防水運動靴(軽登山靴など)
*行動着……ドライタイプの登山用Tシャツ+長ズボン+長袖シャツ
*雨具……折りたたみ傘+ゴアテックスレインスーツ
*小物……地図+健康保険証コピー+時計+ポケットライト+ダブルストック


*1141…5a=5.2(木)両神山(りょうかみさん1,723m)西武鉄道

両神山のアカヤシオを見に行きます。白井差新道による一番簡単な往復ルートです。<体験参加可>

★レンタカー使用のため参加定員は9名です

○印——稲葉かずへい、今村かずよ、江面まさこ、黒川きよひろ、土屋ちづこ、行木さちこ、矢野ひろこ、
△印——秋田まもる、野老やすこ、中村やすこ、福沢かずこ、若松けいこ、
×印——滝澤かよこ、
<体験参加>——

計画書は4/23(火)投函です。

◆糸の会山行[1141]——5a

◆両神山
りょうかみさん────1,723m
登り23p→下り23p────46パワー
日の出0449、日の入り1829────5.2さいたまで

◆西武秩父線・西武秩父駅から────2019.5.2(木・祝日)実施

◆集合
*5.2(木・祝日)────7時30分池袋始発・特急ちちぶ5号「6号車」に乗ってください
*特急券は伊藤が持参しています。途中乗車の方はご一報ください。

◆ポイント
*両神山ですが、白井差(しらいざす)の白井差新道(山中豊彦さんの個人管理道)を利用する往復登山です。管理規則として往復登山が義務づけられており、ストックの使用禁止(ゴムキャップ必携です)そして下山時に入山料ひとり1,000円が必要です。ともかくニリンソウとアカヤシオを狙っての登山です。(予約しました)
*往路は特急の座席を確保しましたが、さすがに大型連休中ゆえ混んでいました。かろうじてゲット。秩父の混雑を想像しました。
*まずはバスで白井差口までつないでみたのですが、午前中がつぶれてしまいます。西武秩父駅から往路をタクシーで直行するとしても、ジャンボは当然ながら、中型も予約できないとのこと、複数台のタクシーを使うとなるといつ着けるかわかりません。
*そこでハイエースワゴンをトヨタレンタカーで入手しました。かけられる保険は全部かけていますが、運転手は伊藤です。君子危うきに……という方は、どうぞ遠慮なく参加をとりやめていただいてけっこうです。今回の参加可能人数は乗車定員により参加9名+伊藤となります。
★重要…ダブルストックにはキャップが必要です。山中さんちをず〜っと歩くので、嘘つけません。もしキャップのない人はビニールテープなどで石突きをたっぷり、ぐるぐる巻きにするなどしてください。難しい岩場は(山頂以外には)あまりありませんから。

◆往路
0730池袋始発(西武線・特急ちちぶ5号・西武秩父行き)────0851西武秩父
(0730池袋→0751所沢→0801入間市→0811飯能→0846横瀬→0851西武秩父)
*レンタカーで白井差登山口へ(約1時間半?)

◆現地行動
1030ごろ_白井差登山口を出発────登り23ポイントを3時間として
1330ごろ_山頂(剣ヶ峰)────下り23ポイントを3時間として
1630ごろ_白井差登山口
*レンタカーで秩父駅方面へ
*入浴の第一候補は国民宿舎・両神荘です
*食事の第一候補は珈琲・千茶古です。

◆帰路参考
*西武線特急(西武秩父→池袋)
1725→1846、1825→1946、1925→2044、2025→2144、2125→2244

◆費用の目安
西武線_池袋→西武秩父────780円
特急券_池袋→西武秩父────700円
レンタカー_ハイエースグランドキャビン────全部含めて24,000円ぐらい
西武線_西武秩父→池袋────780円
特急券_西武秩父→池袋────700円

◆電話
○登山口
*白井差新道・中山豊彦さん…0494-79-0494
○レンタカー
*トヨタレンタカー西武秩父駅前店…0494-25-0100
○入浴(旧両神村)
*国民宿舎両神荘…0494-79-1221…1130-2000_800円
*両神温泉薬師の湯…0494-79-1533…1000-2000_火曜日定休_600円
*クアパレスおがの…0494-75-1123…1000-2100_木曜定休_800円_西武秩父駅からタクシー15分/3,460円_平日は三島バス停から無料送迎・要電話(土休日はミューズパークからの無料送迎)
○食事(西武秩父駅)
*珈琲・千茶古(コーヒーチャコ)…0494-24-3085…1000-1800(土休日-1900)_毎月20日定休_軽食あり
*手打そば武蔵屋…0494-23-1818…1100-1900_火曜定休。秩父駅歩2分_秩父神社門前_西武秩父駅へ歩10分。本店_秩父駅歩3分_0494-23-6348。
*武蔵屋本店そば処…0494-23-6348…1100-1600_火曜定休_秩父駅歩3分
*和味処(なごみどころ)・えん…0494-22-2818…1130-1400/1700-2200_木曜定休_西武秩父駅前

◆持ち物
★食べ物・飲み物——飲料+昼食+予備食。
春季標準セット
*足まわり……防水運動靴(軽登山靴など)
*行動着……ドライタイプの登山用Tシャツ+長ズボン+長袖シャツ
*雨具……折りたたみ傘+ゴアテックスレインスーツ
*小物……地図+健康保険証コピー+時計+ポケットライト+ダブルストック


*1142…5b=5.11(土)半月山(はんげつやま1,753m)東武日光線

奥日光では6月にシロヤシオを見に行くのが定番でしたが、今回は赤ヤシオに期待しています。中禅寺湖南岸の早春の展望ハイキングです。<体験参加可>

○印——後藤かずこ、佐藤ときこ、
△印——今村かずよ、加藤ゆうこ、野老やすこ、永田さちこ、中村やすこ、行木さちこ、福沢かずこ、山本よしひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1143…5sc=5.21/22/23(火水木)大杉谷(大台ヶ原)南海高野線

2004年の台風21号による水害以降、登山道は長く通行禁止になっていましたが、2014年にようやく全面開通しました。往路と帰路の時間的制約から大台ケ原の「心・湯治館」(旧大台山の家)と下流部の「桃の木小屋」しか宿泊場所の選択肢がないようです。大台ケ原の雨を集める大杉谷は「日本三大渓谷」のひとつだそうですが、私たちが歩ける峡谷として最大級です。糸の会では2002年と2003年に行っていますが、その再開バージョンです。

○印——稲葉かずへい、加藤のりこ、小林はるこ、
△印——秋田まもる、市村やいこ、黒川きよひろ、酒井みちこ、桜湯さちこ、野老やすこ、三浦ようこ、若井やすひこ、
×印——

★計画書=未


*1144…5d=5.28(火)御正体山(みしょうたいやま1,320m)富士急行線

日帰りとしては大きい山になるかと思います。都留側の三輪神社から登って石割山から山中湖へと下る予定です。夏の小屋泊まり縦走に参加希望の方に向けての、かなりハードなトレーニング山行とお考えください。

○印——市村やいこ、永田さちこ、
△印——稲葉かずへい、今村かずよ、酒井みちこ、野老やすこ、三上ようこ、山本よしひこ、若井やすひこ、
×印——

★計画書=未


*1145…6a=6.6(木)不老山(ふろうさん928m)小田急線

単純な「登り&下りの山」というイメージで考えています。日帰り参加主体の皆さんに、夏に向けての体の準備という役割で。丹沢です。

○印——滝澤かよこ、矢野ひろこ、
△印——櫻田えいじ、野老やすこ、中村やすこ、野村みちこ、若松けいこ、
×印——

★計画書=未


*1146…6b=6.8(土)霧訪山(きりとうやま1,305m)JR中央本線

北アルプスを見に行きます。入笠山〜守屋山〜霧訪山という展望三名山という感じでしょうか。いずれも小さな山ですけれど。<体験参加可>

○印——江面まさこ、加藤のりこ、佐藤ときこ、永田さちこ、行木さちこ、浜ふさこ、
△印——今村かずよ、黒川きよひろ、野老やすこ、野村みちこ、三上ようこ、山本よしひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1147…6c=6.18/19(火水)鳳凰三山(かんのんだけ2,840m)JR中央本線

一気登りで地蔵小屋に泊まり、夜叉神峠へと下ります。白根三山も富士山もまだ白く輝いていると思います。夏の縦走に体力的な不安のある方と、糸の会では以前標準的な目標としていた「10kg背負って10時間行動」にチャレンジしたい方に最適です。

○印——黒川きよひろ、小林はるこ、
△印——今村かずよ、野老やすこ、永田さちこ、三浦ようこ、若井やすひこ、
×印——

★計画書=未


*1148…6d=6.25(火)観音山(群馬原町駅)(かんのんやま530m)JR吾妻線

JR吾妻線の郷原駅から登るのは岩櫃山と決まっていましたが、今回はその隣というか、おまけというか、小さな岩山です。北アルプスの岩稜歩きを想定した軽い体験と考えています。ですからちょっと大げさに、安全確保の試みをしたいと思います。<体験参加可>

○印——小林はるこ、
△印——稲葉かずへい、野老やすこ、野村みちこ、三浦ようこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1149…7a=7.4(木)南沢山(〜あじさい山)(みなみさわやま573m)JR五日市線

JR武蔵五日市駅からの軽い山です。でも里山によくある怪しい道かもしれません。アジサイがどんなふうに見られるか、わかりませんが。<体験参加可>

○印——後藤かずこ、酒井みちこ、佐藤ときこ、滝澤かよこ、永田さちこ、行木さちこ、
<体験参加>——
△印——加藤ゆうこ、櫻田えいじ、野老やすこ、
×印——

★計画書=未


*1150…7b=7.13(土)三頭山(みとうさん1,531m)JR五日市線

土休日はバスが都民の森まで上がります。そこで下山は笹尾根にとり、行けるところまで。目標は笛吹(うすしき)峠としておきましょうか。<体験参加可>

○印——加藤のりこ、永田さちこ、浜ふさこ、
<体験参加>——
△印——今村かずよ、黒川きよひろ、野老やすこ、山本よしひこ、
×印——

★計画書=未


*1151…7sc=7.(16前泊)/17/18(水木)大日岳(だいにちだけ2,501m)富山地方電鉄

1泊で行けるのではないかと軽く考えていたのですが前泊が必要です。富山行きの夜行バスはたくさんありますから、ぜひ「3列シート」の体験を。1日目は室堂から大日小屋へ、2日目は称名滝へと下ります。岡田さんおすすめの花の山です。なお15日を前泊や夜行バスにすると、海の日で連休にぶつかりますから後ろへ伸ばします。前泊は室堂でもけっこうです。

○印——稲葉かずへい、岡田きょうこ、加藤のりこ、黒川きよひろ、小林はるこ、酒井みちこ、永田さちこ、三浦ようこ、
△印——秋田まもる、野老やすこ、中村やすこ、三上ようこ、若井やすひこ、
×印——

★計画書=未


*1152…7d=7.23(火)天狗山(てんぐやま1,882m)JR小海線

JR信濃川上駅前のあの山です。「駅から登山」も可能ですが往路はタクシー、下りは駅まで歩きます。絶壁感と八ヶ岳の素晴らしい展望はきわめつけです。<体験参加可>

○印——市村やいこ、小林はるこ、
<体験参加>——
△印——稲葉かずへい、酒井みちこ、桜湯さちこ、野老やすこ、永田さちこ、三浦ようこ、山本よしひこ、
×印——

★計画書=未


*1153…8a=8.1(木)編笠山(あみがさやま2,524m)JR中央本線

昨年は台風襲来で(中央本線が早々と運休を決めたので「台風を見に行く」という粘りも不可能になりました)やむなく中止になりましたが、そのリベンジです。軽い計画ではありませんが<体験参加可>

○印——滝澤かよこ、浜ふさこ、
△印——今村かずよ、桜湯さちこ、野老やすこ、永田さちこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1154…8b=8.10(土)御岳山(〜大岳山)(みたけさん929m)JR青梅線

御岳山から奥の院を経て大岳山へ。その後どちらへ下るかは、計画書を書くときの気分……で。<体験参加可>

○印——佐藤ときこ、
△印——今村かずよ、黒川きよひろ、櫻田えいじ、野老やすこ、山本よしひこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1155…8sc=8.20/21/22/23(火水木金)燕〜常念〜蝶(つばくろだけ2,763m)JR大糸線

燕岳も常念岳も蝶ヶ岳も、それぞれ北アルプスの入門的な山として人気です。今回は4泊ですからその日程の長さに困惑されている方もいらっしゃると思います。ただ、この「4日間槍を見ながら歩き続ける」という「長さ」が実はこの計画の「価値」なのです。若ければ、北アルプスなら「1週間」の縦走をおすすめしたいところです。私自身も大学1年のときに知床半島に1か月「遠征」して自分の血が入れ替わった気がしました。その……プチ修行効果がこの計画のキモなんです。3泊の山小屋はすべて稜線上ですから日の出と日の入りをそれぞれ3回期待できます(すべて槍つきで)。

○印——稲葉かずへい、今村かずよ、黒川きよひろ、
△印——秋田まもる、酒井みちこ、土屋ちづこ、野老やすこ、永田さちこ、中村やすこ、矢野ひろこ、
×印——

★計画書=未


*1156…8d=8.27(火)笹尾根(ささおねm)JR五日市線

「7b笹尾根その1」の続きです。暫定的なスタート地点を笛吹(うすしき)峠としておいて、そこから陣馬山方面へと長い尾根を下り気味ながらアップ&ダウン。<体験参加可>

○印——市村やいこ、加藤のりこ、小林はるこ、佐藤ときこ、行木さちこ、
△印——稲葉かずへい、野老やすこ、永田さちこ、三浦ようこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1157…9a=9.5(木)沼津アルプス(ぬまづあるぷす392m)JR東海道本線

○○アルプスが最近また流行のようですが、ここに行き始めたころに調べた記憶では全国に10か所程度だったと思います。小さな山を「アルプス」と呼ぶときには、海辺の山であるべきだという好例かと思います。想像よりはハードですが<体験参加可>

○印——永田さちこ、
△印——櫻田えいじ、滝澤かよこ、野老やすこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1158…9b=9.14(土)大菩薩嶺(だいぼさつれい2,057m)JR中央本線

甲府盆地を見に行くという感じでしょうか。富士山や南アルプスの展望を期待できます。<体験参加可>

○印——滝澤かよこ、佐藤ときこ、永田さちこ、行木さちこ、浜ふさこ、
△印——今村かずよ、黒川きよひろ、野老やすこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


*1159…9c=9.17/18(火水)燧ヶ岳(ひうちがたけ2,356m)JR上越線

尾瀬の紅葉のピークは10月初旬で、それはなかなかのものなのですが、2011年の9月24-25には尾瀬ヶ原から燧ヶ岳まで、すばらしい秋でした。おまけに尾瀬は観光地としてはまだオフシーズンで静かでした。今年の秋が早いか遅いか、全くわかりませんけれども。

○印——市村やいこ、黒川きよひろ、小林はるこ、三浦ようこ、
△印——秋田まもる、稲葉かずへい、今村かずよ、野老やすこ、永田さちこ、中村やすこ、三上ようこ、山本よしひこ、若井やすひこ、
×印——

★計画書=未


*1160…9d=9.24(火)戸神山(沼田)(とかみやま772m)JR上越線

沼田の、1時間もあれば登れるという三角山です。あまりにも小さいので下った勢いで高王山にも登っちゃいます。大きな展望台と考えれば標高772mですから立派です。山麓ではリンゴとブドウの季節のようです。<体験参加可>

○印——市村やいこ、加藤のりこ、小林はるこ、酒井みちこ、佐藤ときこ、
△印——稲葉かずへい、加藤ゆうこ、後藤かずこ、櫻田えいじ、野老やすこ、永田さちこ、中村やすこ、行木さちこ、三浦ようこ、
×印——
<体験参加>——

★計画書=未


★トップページに戻ります
Copyright 2017 Koji Ito & ito-no-kai All rights reserved.