前穂高岳からの槍ヶ岳
▲前穂高岳からの槍ヶ岳=2005.8.28

糸の会 & 伊藤幸司「山旅図鑑」



★ここは「計画・実施」


トップページ
掲示板

山旅図鑑
コースタイム写真

【お知らせ】
☆振込用紙はいつも持参していますので必要な方には山でお渡しできます。
☆参加費が振り込まれたらその確認として「会計報告」をメールでお送りすることにしていますし、山に参加された皆さんには(たぶん毎回)同様の「会計報告」をお渡しすることにしています。もちろん問い合わせをいただけば、「会計報告」をお送りします。
★「4月〜9月の計画」と「参加費変更のお知らせ」をページ下部に掲示しました。
★なお、3月までの参加費は従来通りで、年度末の残余については「★3個=10,000円」「★1個=3,500円(★2個=7,000円)」で新年度に繰り越しさせていただきます。

★「6.22今熊山」の計画をページ末にアップしました。


【計画と参加予定メンバー】

★実施は原則として第1火曜日、第2木曜日、第3土曜日です(が、第3木、第4土となる月もあります)。
*(火)は時間を無理押ししなければならない場合など、現場判断で計画を調整するかもしれません。明日は我が身の体調不安、リハビリ対応などの方は事前にレポートください。全員で対応するチャンスかと思います。
*(木)は従来型の「糸の会」と同様のペースで、標高差600m以上の山を歩きたいと考えています。 今年も8月後半か9月前半に小屋泊まりを企画したい(6月頃に考えます)と考えています。
*(土)は「登山道」より「ハイキングルート」の割合が多いかもしれません。これまでどおりJRの「休日おでかけパス」や私鉄利用を視野に入れて考えます。


■6月
*0622(土)———今熊山(505m)———JR五日市線・武蔵五日市駅
戸倉三山の最初の山から金剛の滝に下って、黒茶屋で休憩、城山に登って、十里木に下り、瀬音の湯で終了というプログラム(の予定)
参加○……安藤しょうこ、江面まさこ、小林あやこ、酒井みちこ、佐藤ときこ、永田さちこ、行木さちこ、浜ふさこ、山咲ののか、
参加△……
参加×……加藤のりこ、

■7月
*0702(火)日の出山から金毘羅尾根下り———御岳山ケーブルカー御岳山駅
ほとんど全部下りです。金毘羅尾根を下ってJR武蔵五日市駅に出ます。ヒザに違和感を感じている方、長い下りを「ゆっくり・ていねい」に歩いてみてください。
参加○……加藤のりこ、佐藤ときこ、矢野ひろこ、
参加△……市村やいこ、行木さちこ、三浦ようこ、
参加×……

*0711(木)皆野アルプス(破風山・はっぷさん・627m)———秩父鉄道・皆野駅
これまでは秩父華厳の滝〜破風山と、破風山〜郷平橋とに分けて歩いてきましたが、今回は通して歩きたいと思います。
参加○……酒井みちこ、
参加△……三浦ようこ、
参加×……

*0716-18(火−木)霞沢岳(2,646m)&焼岳(2,455m)───上高地バスターミナル
徳本峠小屋の予約がとれたので7名で実施します。2泊目の上高地の「山小屋」はかろうじて(浴場のある)明神館のドミトリーを確保しました。
参加◯……秋田まもる、岡田きょうこ、加藤のりこ、酒井 みちこ、三浦ようこ、若井やすひこ、(以上確定です)

*0720(土)笹尾根(丸山・1,098m)———JR五日市線・武蔵五日市駅
三頭山と陣馬山をつなぐ笹尾根のほんの1区間を歩きます。笛吹(うずしき)バス停から登って、浅間尾根登山口バス停へと下ります。
参加○……佐藤ときこ、行木さちこ、浜ふさこ、矢野ひろこ、

■8月
*0806(火)唐沢山(249m)———東武佐野線堀米駅
関東七名城に数えられたという唐沢山城から諏訪岳(324m)まで足を伸ばしてみたいと思います。
参加○……佐藤ときこ、矢野ひろこ、
参加△……市村やいこ、三浦ようこ、
参加×……

*0815(第3木)岩茸石山(793m)———JR青梅線・御嶽駅
岩茸石山は高水三山の最高峰ですが、今回はそこから黒山(842m)を経て岩茸石へ、白谷(しらや)沢のゴルジュをたどって有間ダムへ、という関東ふれあいの道。
参加○……加藤のりこ、
参加△……酒井みちこ、
参加×……

*8月20-22(火-木)蝶ヶ岳(2,677m)────21日朝・徳沢集合
蝶ヶ岳に登るだけ、です。1泊目は徳沢〜上高地のどこかに(各自で)泊まってください。夜行バスで参加される方もOKとする計画です。2日目は標高差1,100mをゆっくりと登ります。登るだけですから日帰りのハードな山と同程度。山慣れしていない北アルプス・デビュー版とも考えています。ともかく眺望は超一級、好天を祈りましょう。3日目は急斜面を横尾へと下りますが、ダブルストックの基本確認をしたいと考えています。なお初めて参加される方には徳沢園の相部屋予約をおすすめします。参加希望は8月になってからでも可能です。
参加○……岡田きょうこ、土屋ちづこ、矢野 博子、
参加△……
参加×……

*0824(第4土)鳶尾山(とびおさん・234m)———小田急線・本厚木駅
鷲尾団地バス停から歩きだして、上荻野バス停へと下ります。低山ながら、たとえば金比羅山観光展望台は高さ17mの螺旋塔、展望の尾根道のようです。
参加○……佐藤ときこ、
参加△……
参加×……

■9月
*0903(火)パノラマ台(1,328m)———富士急行線・河口湖駅
ご存知、本栖湖畔の富士山展望台です。久しぶりに特急「富士回遊3号」を使います。
参加○……佐藤ときこ、行木さちこ、浜ふさこ、
参加△……市村やいこ、
参加×……

*0912(木)高柄山(733m)———JR中央本線・四方津(しおつ)駅
四方津駅から上野原駅までのひと駅登山なんですが、ガイドブックに「進路がややわかりにくい」とか「戸惑いやすい」とあるので、トップの役割が重大です……かね。
参加○……加藤のりこ、酒井みちこ、
参加△……三浦ようこ、
参加×……

*0921(土)鳴虫山(1,104m)———東武日光線・東武日光駅
駅前登山です。日光はコロナ禍以降、下山後の温泉に苦労していますが、たぶん、もう、大丈夫でしょう。
参加○……佐藤ときこ、
参加△……酒井みちこ、
参加×……




【計画書】



--> ◆糸の会【1307】

◆今熊山
いまくまやま────505m
しろやま(戸倉城山)────434m
登り7p→下り10p→平坦12p→登り8p→下り7p────44パワー
日の出0426、日の入り1900────6.22東京で

◆JR五日市線・武蔵五日市駅から────2024.6.22(土)実施

◆集合
●6.22(土)────立川発の五日市線、前方2両目に集結してください

◆ポイント
*小さな山ふたつに、滝と渓流喫茶を挟んだ納涼プラン、ではないかと思います。
*瀬音の湯のレストランは経営が変わりましたね。先日の戸倉三山では「カレーならすぐ出せます」というのでバスの待ち時間で食事しましたが、今回は売り切れとなっていたそばも食べられそうです。

◆往路
*0714東京駅始発(JR中央線・快速高尾行き)────0807立川
(0714東京→0719御茶ノ水→0732新宿→0748三鷹→0755武蔵小金井→0801西国分寺→0807立川)
*0820立川始発(JR五日市線・武蔵五日市駅行き)────0850武蔵五日市
*タクシーで今熊神社下社へ(1台約2,000円)
◆往路参考
*0730新宿(中央本線特急あずさ3号・松本行き)────0752立川
(0638千葉→0653船橋→0708錦糸町→0730新宿→0752立川)

◆現地行動
0930ごろ_今熊神社下社を出発────登り7パワーを1時間として
1030ごろ_今熊山────下り10パワーを1時間15として
1145ごろ_金剛の滝────金剛の滝見物に15分
1200ごろ_金剛の滝────ハイキングルート12パワーを1時間半として
1330ごろ_黒茶屋────喫茶休憩30分
1400ごろ_黒茶屋────登り8パワーを1時間として
1500ごろ_戸倉・城山────下り7パワーを1時間として
1600ごろ_瀬音の湯
・瀬音の湯で入浴・食事
・瀬音の湯バス停(武蔵五日市駅行き・土曜日)────1656、1839、2001
・十里木バス停(武蔵五日市駅行き・土曜日)────1629、1649、1700、1715、1803、1832、1843、2001、2005、2048、2058、2147(最終)

◆帰路参考
*JR五日市線(武蔵五日市駅始発。立川まで約40分、拝島での乗換を含む)
1717、1736、1759、1824、1848、1910、1935、1959、2026、2045、2103、2132、2157……

◆費用の目安
新宿→武蔵五日市────830円
taxi_武蔵五日市駅→今熊神社社務所────1台約2,000円
*入浴・食事などにタクシーなどを利用するかもしれません
JR_武蔵五日市→新宿────830円

◆電話
*タクシー(武蔵五日市駅)
横川タクシー…042-596-3558…桧原村_0120-489083
*喫茶
黒茶屋…042-596-0129…「野外テラス水の音」で高価なかき氷休憩など
*入浴
秋川渓谷・瀬音の湯…042-595-2614…1000-2200_ほぼ無休_1,000円_食事可_バスあり、十里木から歩いても8分

◆持ち物
*食べ物・飲み物——水筒+行動食+おやつ
*足まわり……運動靴、軽登山靴
*行動着……ドライタイプの登山用Tシャツ+長ズボン+長袖シャツ
*雨具……アウターウェアとしてゴアテックスレインスーツ
*小物……地図+健康保険証+時計+ポケットライト


【参加費変更のお知らせ】

★4月から糸の会の参加費を変更させていただきます。いつまで続けられるかわかりませんが、私の側が「細く長く」続けるためもあり、これまでの「3回1万円」の割引クーポンを終了させていただきます。参加費は「1回5,000円・後払い」とさせていただきます。
★じつは「クーポン」は私の側では格安という意味よりも、参加費のやりとりを簡便にしたいがためのむしろ「お願い」でした。根っこには「現金をやりとりしたくない」ということがあり、かつ間違いがあってもそれを両者で確認できるという点で(いくぶん)安心でした。そしてクーポン制の導入はもうひとつ、冬に参加率が下がるのを抑えるための仕掛けでもありました。みなさん、クーポンを年度末に無駄にしないために1〜3月の参加を積極的に考えていただいたかと思います。
★糸の会のお知らせは、最初は郵便でした。それがファクスになり、電子メールになりました。そして送金システムの「ゆうちょ銀行」の「振替」も、いまではほとんど即時に確認できるようになりました。時代的には電子マネーが次なんでしょうが、現時点ではまだ「郵便振替」の「通常払込料金加入者負担」というのがいちばん合理的かと思っています。ゆうちょ銀行のATMにその用紙を読み込ませてゆうちょ銀行のカード(または通帳)から送金すれば余分な金額はかからないはずです。現金支払や窓口での支払いにはなにがしかの手数料がかかるかもしれません(よくわかりませんが)
★「後払い」の件ですが、これまで同様、複数回分の参加費を事前に振り込んでおいていただくのはもちろんけっこうです。でも原則は、参加されたときに振込用紙をお渡ししますから、それで1回分を払い込んでいただければ、その受領をメールでお知らせします。事前に入金していただいて欠席、という場合の処理をしたくないのです。
★そういう原則によって、新しい方の参加があったときの事前の手続きが簡単になるのです。ついでにですが、新しい方の参加を(積極的ではありませんが)考えたとき、大原則は「単独参加」です。しかも(できれば)糸の会会員の紹介のない人。そういう基本条件は非常識だと思いますが、「客商売不向き」な私が長期間なんとか続けて来られたのは、この非常識な原則のおかげだと思っています。要するに「個人的な目的のはっきりしている人」になら、糸の会を体験していただきたいのです。続く、続かないは関係なく。それと、新しい人が入ったら常連のみなさんがいろいろケアしてくださることになるでしょうから、その場合も「単独参加」の方であったほうが負担が少ないはずなのです。
★最後に、夏の小屋泊まりも1回ぐらいはやらないといけないと思っていますが、じつはこれまで、山小屋泊まりの多かった時期には、経費が全体の利益を食って、糸の会は(私自身の)生活の糧にはなっていませんでした。もとより、糸の会は発足時に「私の取材に付き合っていただけるのであれば」という意味で私が行きたい、行くべきだと考えた山におつきあいいただくという宣言をしましたから、「自分のための計画」(があれば、それ)を強引に実施させていただきました。小屋泊りとなれば交通費と宿泊費だけでけっこうな金額になります。なので私の旅費がどこかから出れば、という可能性をいくつか探ってみたのですが、なかなかでてきません。「私の取材につきあっていただく」という形が整えば、ラッキーなんですけれど。
2024.2.29 伊藤 幸司





★トップページに戻ります
Copyright 2023 Koji Ito & ito-no-kai All rights reserved.